Jazz in fabbrica
Enrico Intra

Availability: In Stock

23,00 €
Limited Edition
Product Available Date: 2021-04-23

 

 

Enrico Intra - JAZZ IN FABBRICA (JAZZ IN THE FACTORY)

 

Pianist, composer, arranger and conductor, among the most important ones in the history of European jazz, Enrico Intra has developed a poetics aiming at the encounter between the most exquisitely jazz language and contemporary music of a cultured matrix, and for this reason he was among the first Italian musicians to develop a “European” concept of jazz. Nuova Civiltà suite, certainly one of his best-known compositions, often also interpreted by Gerry Mulligan, deeply combines blues and tradition, adhering to the most radical trends of the music scene. 

 

A challenge to established formal and expressive schemes.

 

Sergio Fanni / trumpet, flugelhorn

Giancarlo Barigozzi / tenor sax, flute

Enrico Intra / piano

Carlo Milano / double bass

Carlo Sola / drums

 

180gm vinyl / OBI / insert

 

Lato A: Nuova Civiltà - Parte I (E. Intra)

Lato B: Nuova Civiltà - Parte II (E. Intra)

 

 

エンリーコ・イントラ  「ジャズ 工場にて」

 

ヨーロッパのジャズ史の上で最も重要なピアニスト、作曲家、編曲家、指揮者の中でもエンリーコ・イントラは、最も素晴らしいジャズ言語と文化的な遺伝子の現代音楽間での出会いを目指した詩を発展させました。つまり、イントラはイタリアのミュージシャンの中で、ジャズにおける「ヨーロッパの」

 

という概念を現した最初の人物なのです。 Nuova Civiltà は確かにイントラの作曲のうち最も有名なものの一つで、たびたびジェリー・マリガンによってカバーもされましたし、深いつながりと伝統を重ね合わせ、ブルースとの本物のつながりが浸透していて、音楽シーンの最も革新的な傾向を支持しています。確立された形式的な表現のスキームに対しての挑戦なのです。